美肌の大敵!そばかすを治すことはできるか

美肌の大敵そばかす!治すことってできるの?

目や鼻の周りなど、隠せないところに出来てしまうそばかす。美肌でありたい女性にとって嬉しい存在ではありません。場合によっては顔以外にできてしまうことも。そんなそばかすを治すことができるかも!?原因と効果的な対策をご紹介します。

そもそもそばかすって?その正体と原因

そばかすは一般的なシミよりも小さなサイズで散らばって出来るのが特徴です。子どもの時からできているそばかすの多くは両親からの遺伝が原因と考えられています。このタイプは思春期になるとそばかすが自然と薄くなることがほとんどです。大人になってから出来るそばかす、または思春期になっても消えなかったそばかすは、紫外線や生活習慣が原因と考えられています。こちらは薄くなりづらく、悩ましいものです。

シミとの違いは遺伝性の強さや、年齢によって消えることがあるという点。しかし出来る原因はシミとほぼ同じです。紫外線の刺激により肌を黒くする元である『メラニン色素』が過剰分泌され、その後の肌の生まれ変わりがスムーズに行われなかったために色素沈着を起こし、シミやそばかすになってしまうのです。

そばかすが出来やすい人は元々色白な人多く、体質的にも色素沈着を起こしやすいため、日焼け対策や日々のスキンケアをより丁寧に行うことが重要です。ターンオーバーを活発化させることが出来れば、肌の中にメラニン色素を残さずいつもキレイな状態に保つことができるのです。

とにかく肌への刺激を避けて

シミ、そばかすの主な原因は『紫外線の刺激』と『肌への直接的な刺激』です。紫外線は肌にあたるとそれだけで刺激になってしまいます。メラニン色素が分泌されるのはもちろんのこと、日焼けをした肌は火傷をしたのと同じ傷ついた状態です。肌に優しいタイプの日焼け止めをこまめに塗る、日傘を活用するなど、日常生活の中で紫外線予防を習慣にしましょう。家の中にも紫外線は入ってきます。窓ガラスに紫外線カットのシールを貼れば、安心して過ごすことができますね。

また、スキンケアやメイク時も注意が必要です。ゴシゴシと手で肌をこするような洗顔はNG。洗顔ネットを使い洗顔料を十分に泡立て、手が直接肌にあたらないように洗顔することを心がけてください。スキンケア用品を肌につける時にはコットンを使います。コットンをふんわり肌にあてることを意識しながら水分補給をしてください。メイクの時は下地やファンデーションなど肌の上で伸ばす作業が多く、無意識のうちに肌を摩擦し、ひっぱってしまっていることが多くあります。手に力を入れすぎないこと、優しくたたいて馴染ませることを意識すると、肌への刺激を減らすことができます。

肌のターンオーバーを活性化させる

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を活性化させることが出来れば、分泌されたメラニン色素を色素沈着する前に体外に排出することができます。体へのストレスはターンオーバーを妨げる原因になるので、心身共にストレスフリーな状態を心がけましょう。睡眠不足や喫煙も、体に負担がかかりストレスの原因となります。

体の内側からターンオーバーに働きかけることもできます。ビタミンや美白成分の摂取を習慣にすることで、より肌の生まれ変わりが上手く行こなわれます。特に大切なのは『ビタミンC』と『ビタミンE』。ビタミンCは野菜や果物に多く含まれ、メラニンの活性化を抑えてくれる美白に嬉しい栄養素です。ビタミンEはナッツ類やゴマに多く含まれ、抗酸化作用という、体の中が酸化(錆てしまう)ことを防いでくれる効果があります。ビタミンCとビタミンEは同時に摂取することにより相乗効果が期待できるため、日々の生活でバランス良く摂取する工夫をしてみましょう。

市販の美白サプリには、ビタミンC、ビタミンEに加え、『トラネキサム酸』や『プラセンタ』などメラニン生成を抑制してくれる成分がバランスよく含まれているものが多くあります。上手に活用し、必要な栄養素の摂取を習慣化することが大切です。

まとめ

そばかすの原因は大きく分けて二つ。遺伝性の場合と、紫外線や生活習慣が原因の場合があります。どちらもメラニン色素の過剰分泌、それによる色素沈着によりそばかすが発生するため、日常生活での紫外線予防、肌のターンオーバーを活性化させることが解決への近道となります。ストレスのない生活を心がけ、肌に必要な栄養素を積極的に、また継続的に摂取することを心がけましょう。