くすみが気になる人必見!タイプ別の肌のお手入れ方法

あなたのそのくすみのお手入れ、間違っているかも?ちゃんとお手入れしているはずなのに、肌がくすみがち…とお悩みの女性も多いはず。くすみには様々な原因があり、その原因をきちんと解決しないと改善されないのです。くすみの原因をきちんと把握して、即解消させましょう!

日焼けだけじゃないの?紫外線の恐怖

くすみの原因として一番身近なのは『紫外線』の影響です。これは、日焼けやシミと同じように、紫外線を浴びることでメラニン色素が発生してしまうため。日差しの強い夏だけでなく、年中紫外線は降り注いでいます。1年を通して紫外線を予防することが、くすみの解消に繋がります。UVカット機能のある化粧下地やファンデーションを選べば、より手軽に紫外線をカットできますね。

既にできてしまっているくすみは『ターンオーバー』を整えることで薄くすることができます。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのこと。爪や髪と同じように、肌も常に新しいものが生まれています。しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、新しい肌が生まれにくくなり、いつまでも古い肌が残ってしまうのです。十分な睡眠をとる、ストレスをためないなど、健康的な生活を心がけることでターンオーバーのサイクルを整えることが出来ます。また、美白用サプリメントには肌の生まれ変わりを促す嬉しい効果があります。習慣的に摂取することで、内側からターンオーバーを手伝うことができるのです。

血行不良によるくすみ

血行不良のくすみの特徴は、『青っぽい』色になっていることです。黒ずんでいるように見えるか、青っぽくなっているか、よく確認してみてください。

冷え症の人に多く、体の中で血液をうまく循環させることが出来なくなっている状態です。代謝も落ちてしまうので、まず体を温めることを習慣化しましょう。シャワーで済ませず湯船につかる、靴下をはくなど外側から温めることと、しょうがなど体を温める食材を摂ることで内側からも冷え症対策をしていきます。

また、マッサージも効果的です。顔をマッサージする場合は、力を入れすぎないように薬指で行うと良いでしょう。特に皮膚の薄い目元などは、指でなでるだけでも十分マッサージ効果があります。ひっぱったり擦ったりしすぎないように注意してください。首のリンパマッサージも効果的です。日頃座り姿勢の多い人は肩コリなどから首のリンパがつまっていることがよくあります。適度な運動とダイレクトなリンパマッサージで、より血流を良くすることができます。

血行が悪く、皮膚に栄養が届かないと『乾燥』によるくすみになる場合もあります。乾燥肌の人は要注意。保湿ケアに力を入れましょう。外側から保湿をしても効果が見られない場合は、『セラミド』という成分のサプリメントを飲み、内側から保湿力を高めることも可能です。セラミドは肌を刺激から守り、肌の水分を保持してくれる大切な栄養素です。外から、中からとケアをすれば、より早く効果を実感することが出来ます。

糖質や脂分の摂りすぎもくすみを引き起こす

くすみが『黄色っぽい』と感じるようなら、糖質や脂分の摂りすぎの可能性があります。食生活を見直し、バランスの良い食事に変えることで改善が見込めます。体の代謝を上げることが大切なので、適度な運動を取り入れるとより早い改善が見込めます。積極的に摂取したいのは『ビタミンE』や『ビタミンC』などの抗酸化作用のある成分です。トマトに多く含まれる『リコピン』にも抗酸化作用がありますので、是非毎日の食事に取り入れてください。また、『プラセンタ』の入っているサプリメントやドリンクは、代謝を上げ、肌の生まれ変わりを助ける効果があるのでオススメします。

まとめ

肌のくすみのタイプは大きく分けると3タイプあります。まずは自分のくすみをよく確認し、どのタイプに当てはまるのかチェックしてください。根本的な対策を行った上で、肌のターンオーバーサイクルを整えることが重要になります。十分な睡眠とストレスのない食事、美白に必要な栄養素を補うことで、肌の生まれ変わりを助け、いち早く白い肌を目指しましょう。