しみ・そばかすの原因となるチロシナーゼとハイドロキノンの効果・効能

自分の顔を鏡で見て、やはり気になるのはシミやそばかす。このシミやそばかすの原因にはチロシナーゼという酵素が深く関わっています。チロシナーゼは酵素の一種で、色素細胞(メラノサイト)に情報を伝え、メラニン色素の生成を促すことで知られています。

このチロシナーゼの活動を弱らせ、反応を抑えることで、シミやそばかすなどを予防することができます。そのため美白化粧品で良く使われるのが、チロシナーゼの働きを抑制する成分です。

ハイドロキノンの効果・効能

もっとも有名な成分がハイドロキノンです。コーヒーや紅茶、麦芽、イチゴなどに含まれる天然成分で、抗酸化作用があり、写真の現像やゴムの酸化防止剤などに使われてきました。

ハイドロキノンはチロシナーゼの阻害効果が強く、肝斑(かんぱん)対策にも利用されます。また、抗酸化作用を含む還元作用で、シミの原因となる色の濃くなったメラニンの色を薄くする作用があります。したがって、シミの予防効果だけでなく、すでにできてしまったシミの改善効果も期待できるのです。ただし、ハイドロキノンの効果が期待できるのは、表皮(皮膚の表面)にできてしまったものだけです。真皮(皮膚の奥深く)に入り込んでしまった色素(色素沈着)には効果を期待できません。

以前は美容クリニックや病院の皮膚科でしか扱われてこなかったのですが、2001年の薬事法改正により市販の美白化粧品にも配合されるようになりました。ただし効果がかなり強いため、厚労省では2%以上の化粧品への配合を禁止しています。美白効果が強く刺激が強いため、敏感肌などの肌が弱い女性の使用は注意が必要です。

その他のチロシナーゼ抑制物質

お酒や味噌に使われる麹由来のコウジ酸もチロシナーゼ抑制物質の一つです。シミやそばかすを防ぎ、色素の沈着を予防する効果が知られています。ハイドロキノンの刺激を弱めたアルブチンなど、チロシナーゼに関連する美白成分は非常に多くあります。

チロシナーゼを抑制する物質として有名なものはプラセンタ、アルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、リノール酸などがあります。これらは厚労省からチロシナーゼを抑制する物質として認められているものです。

それぞれの成分の違いは、チロシナーゼをどんな方法で抑制するかです。チロシナーゼが活動するために必要な成分を取り込めないようにするものや、チロシナーゼの数自体を減らすものも存在します。共通するのは新たな色素の発生を抑制し、沈着を防ぐことです。自分の体質や好みに合わせて美白化粧品を選ぶことが大切です。

ハイドロキノンの副作用

美白化粧品といえば気になるのが「カネボウ化粧品の白斑(はくはん)問題」です。これは2013年7月にカネボウ化粧品の「ロドデノール」を配合した美白化粧品の使用者の皮膚がまだらに白くなる白斑症状が相次いで報告された問題です。これにより「美白化粧品は危険」という認識が一般に広く知れ渡りました。

ここで問題になったロドデノールはカネボウ化粧品が開発した医薬部外品有効成分です。ハイドロキノンとロドデノールは化学的にも性質的にも全く違う美白成分です。働きとしては「チロシナーゼ酵素の活性を阻害する」というのは同じものの、そこからのアプローチが異なります。

ハイドロキノンとロドデノールの違いは以下のサイトで詳しく解説されています。

ハイドロキノンとロドデノールは全く違う美白成分です。

世界的に50年以上は使用されているハイドロキノン。日本では薬事法が改定されるまで、管理が難しいため医師が処方した時のみに使用が許されていました。それだけ作用が強いものですが、重篤な副作用の報告は未だないため、安全性が高い美白成分といえます。

ハイドロキノンの効果や効能、チロシナーゼに有効なその他成分のことについてお分かりいただけたでしょうか?きっと自分に合う美白方法が見つかるはずです。自分に合った美白方法、アプローチ方法を見つけて、未来の自分へのご褒美に…。美白美人を目指しましょう。