シミの原因?メラニン色素の働きとシミになるまでの仕組み

メラニン色素には皮膚を保護する役割があり、皮膚がんなどを防止する重要な働きをしています。メラニン色素がなければ紫外線が皮膚の奥まで届き、肌に深刻なダメージを受けるようになります。メラニン色素は色素細胞が紫外線の刺激を受けることで生成されます。

メラニン色素がしみになる仕組み

紫外線から肌を守るメラニン色素ですが、その一方でシミの原因となる場合があります。シミはメラニンの過剰生成により発生します。メラニンを作るメラノサイト(色素細胞)は紫外線や活性酸素などにより活性化すると考えられています。これが紫外線がシミの原因と言われる理由です。

メラニン色素の過剰な分泌は、紫外線の刺激以外にも皮膚への刺激で起こります。これはメラニンを作る色素細胞が、化粧品の刺激やニキビなどの炎症を紫外線の刺激と勘違いしてしまうからです。肌をいたわるのは大切で、普段から肌をこすり過ぎないようにすることや、肌に優しい化粧品を使って皮膚を守ることが大切です。

肌の新陳代謝が正常でない原因には栄養不足や睡眠不足が挙げられます。余分なメラニン色素が老廃物として排出するために、栄養バランスに気を配り、十分な睡眠をとる必要があります。紫外線対策をしっかりと行いつつ、食事と睡眠、スキンケアに気を配ることがシミやそばかすを防ぐこと、また美肌の基本になります。

肌トラブルを改善する基本は肌のターンオーバー

肌のターンオーバーとは古い肌が角質として剥がれ落ち、新しい表皮細胞(ケラチノサイト)が誕生する肌の新陳代謝を指します。肌のターンオーバーの期間は年代などにより個人差がありますが、おおよそ28日周期と言われています。ただし、この肌のターンオーバーは年代により35,40日とだんだん長くなっていくと言われています。

肌がターンオーバーすることは、極端に言えば肌の生まれ変わりを意味します。肌のターンオーバーにより古い表皮は角質となり剥がれ落ち、そのときにメラニンも一緒に剥がれ落ちます。多少の日焼けであれば、おおよそ1ヶ月程度で消えるのはこのような肌の代謝の仕組みがあるからです。

この肌のターンオーバーを正常に機能させることはシミやそばかすを改善するだけでなく、肌トラブルを防止し、みずみずしく綺麗な肌を保つための基本となります。キミエホワイトやロスミンローヤルのようなシミやそばかすを改善する医薬品には、黒色メラニンを作らせないためのL-システインやアスコルビン酸(ビタミンC)。また肌の新陳代謝を促すためのパントテン酸カルシウムなどが配合されています。

シミの種類

シミといっても一種類だけではありません。いくつかの種類があり、原因も形も出る場所も対策もそれぞれ違ってきます。

【老人性色素班】最も一般的なシミのことです。紫外線を浴び過ぎるとできるシミで、数ミリ~1㎝ほどのものが多く、時間の経過とともに色が濃くなっていきます。個人差はありますが早い人だと20代後半からでき始めます。顔や、デコルテ、背中、二の腕など、紫外線が当たりやすい場所にできやすいシミです。毎日の紫外線対策、美白化粧品、シミ、そばかす対策のサプリメントや医薬品などで対策が可能です。ただし、あまりにも濃くなりすぎたシミにはレーザー治療などが効果的です。

【炎症性色素沈着】ニキビや摩擦によって皮膚に炎症が起こることが原因でできるシミです。炎症が起こった場所にできるシミなので大きさには個人差があります。赤からだんだんと茶色に変わっていきます。赤いうちはヒリヒリとした痛みがある場合があります。予防には炎症を起こさないことです。なるべく肌を優しく扱いましょう。できてしまった場合には、ターンオーバーを促進させてメラニンを追い出す、美白化粧品が効果的です。炎症が続くほど色素沈着は進むので、ニキビができたら、すぐに皮膚科に相談しましょう。濃くなってしまったらやはりレーザー治療などが効果的です。炎症性色素沈着は紫外線を浴びるとどんどん濃くなってしまいます。できてしまったら紫外線対策を忘れないようにしましょう。

他にも肝班やそばかすなど、数種類があります。いずれも美白化粧品やレーザー治療など対策も様々です。自分のお肌の症状をよく知り、それぞれに適した美肌対策をしましょう。