うっかり日焼けをケアしてあこがれの美白を目指す

普段から気を付けているつもりでも、ついうっかりして日焼けしてしまうことってありますよね。そんな時でも大丈夫!日焼けの正しい知識と効果的なケアを理解して、美しい美肌を保ちましょう!

日焼け=火傷?

紫外線はとても刺激が強いため、肌にあたるとダメージを受けてしまいます。軽く日焼けをしたのと全く同じ状態と言えます。皮膚表面は傷つき敏感な状態になり、体内では、体の奥深くまで紫外線が入らないように『メラニン色素』が分泌され、肌を守ります。このメラニン色素が分泌された状態が、肌が黒くなるいわゆる日焼けの状態となります。通常メラニン色素は体の代謝とともに体外に排出されるものですが、過剰に分泌したり、代謝が落ちていて正常に排出されなかった場合には体内にとどまり、いずれ色素が沈着して『シミ』となって肌表面に現れます。

うっかり日焼けしてしまった場合は、火傷の場合と同じで、いち早く肌を冷やしてください。冷やしすぎもよくありませんが、そのまま放っておくと肌にダメージが残ってしまいます。肌を回復させるために、まず最初にしっかりと冷やし、ダメージを取り除くことが大切です。メラニン色素は紫外線があたること以外にも、肌に刺激を与えることでも分泌されます。体が肌を守ろうとするときに分泌されるのです。そのため、日焼けによる熱も肌を刺激することに繋がり、更にメラニン色素を分泌させてしまうのです。

早急に冷やして肌ダメージを取り除く作業が大切です。痛みや赤みが残ったときには日焼け用の軟膏を塗るなど、皮膚を保護して回復させることに力を入れましょう。

長引く日焼けの対処法は?

肌がいつまでも熱く、中々冷めない場合には、ガーゼやタオルなどを当てた上から氷で冷やすことが効果的です。5〜10秒ずつ場所を変え、全体をまんべんなく冷やすのがポイント。最近はオシャレな氷嚢や保冷剤も沢山販売されていますので、お気に入りを探しておくといざという時に慌てず対処することができますね。

肌が冷め、痛みが引いたらしっかりと『保湿』をしましょう。顔用の化粧水でもボディーローションでも良いですが、肌に優しいタイプが効果的です。肌が敏感になっているので、刺激の強いものは避けましょう。“子どもでも使えます”などの、安心して使えるものがベストです。水分をしっかり補ったら、顔のスキンケアと同様クリームなどで肌にフタをします。

また、日焼け後の肌は普段以上に紫外線の影響を受けやすい状態です。肌の炎症状態が治るまでは日焼け止めをしっかり塗るなど、紫外線対策にいつも以上に気を配ってください。日焼けをしてしまっても、正しくケアすればメラニン色素は体外に排出されます。まずはダメージを受けてしまった肌をいたわり、回復させることに専念しましょう。

必要以上に触れないで

日焼け後は肌が乾燥するため、熱が引くと痒みが出てきたり、しばらくすると皮がむけてきたりしますね。そんな時は、触りたい気持ちをグッとおさえて。かいたり、皮をひっぱってむいたりすることは、弱った肌に更に刺激を与えることになり、メラニン色素の過剰分泌につながります。体の中で少しずつメラニン色素がなくなろうとしているところで、刺激を与えてしまうとまた分泌されてしまうのです。冷やしたり、水分補給をしたりして上手に対処してください。

また、体の中からケアすることも重要です。美白に効果的な『ビタミンC』は色素沈着を防ぐ効果があるので、日焼け後は特に積極的に摂取しましょう。また、体を若く保つために必要と言われる『プラセンタ』や、『水分』を積極的にとり、体全体の代謝を高めると、肌がしっかりと生まれ変わり、キレイな肌を取り戻しやすくなります。

ビタミンCを多く含む食べ物

ビタミンCはお肌の調子を整えるだけではなく、風邪やインフルエンザの感染症予防や免疫機能のサポートなどもしてくれます。身体もお肌も健康に保つ努力をしてくれる嬉しい栄養素です。身体の中からも美白ケアするものをと言いましたが、お肌を守る代表格のビタミンCを多く含む食べ物にはどんなものがあるかみていきましょう。

  • みかん
  • 赤ピーマン、黄ピーマン
  • ブロッコリー
  • 菜の花
  • ゴーヤ
  • など

食べ物以外にも飲み物でも多く含まれているものがあります。

  • アセロラドリンク
  • みかんジュース
  • グレープフルールジュース
  • など

ビタミンCは壊れやすい栄養素で、水、熱、光、酸素、喫煙に弱いです。長時間水にさらしたり、加熱しすぎには注意しましょう。また、ビタミンCはたんぱく質と一緒に摂取するとたくさんのコラーゲンを生成し、より効果が上がります。効率よくビタミンC を吸収してお肌のケアをするために、工夫をして身体の中からも日焼けのケアをしていきましょう。
また、美白ケアサプリなどと一緒に上手に活用して、ビタミンCパワーで日焼け後のお肌のリカバリーに心掛けましょう。
身体の外からも中からも健康で綺麗なお肌を目指しましょう。

睡眠も大事

肌をしっかりと生まれ変わらせるためにも肌の再生が活性化する時間にきちんと睡眠をとることも重要です。夜10時〜2時までは、1日の中で最も肌の再生が活発になる時間帯です。その時間に質の良い眠りにつくことは、肌の再生を手伝うとことに繋がります。また、眠る前に美白用サプリメントやドリンクなどで美白に必要な栄養素を摂取すると、肌の再生を更に促すことが出来ますよ。

まとめ

日焼けをしてしまったら、すぐに冷やすことを忘れないでください。肌の熱がとれたらしっかりと保湿して、代謝を高めることに重点を置きましょう。睡眠も十分にとり、分泌されてしまったメラニン色素をしっかりと体外に排出できるように努めましょう。その流れを促すために美白用サプリメントやドリンクを活用すると、より効果を実感することが出来ます。