肝斑ってシミとは違うの?その特徴と効果的な対処法

ホルモンの影響?左右対称に出来るシミ

肝斑とは、30〜40代の女性に出やすいシミの一種で、必ず左右対称に出来るのが特徴です。主に頬骨の下あたりに出来ることが多いとされています。頬骨から目尻にかけて、など広い範囲でできてしまうこともあり、女性を悩ます肌トラブルのひとつです。妊娠や、ホルモン剤の服用により目立ってくるケースが多く、女性ホルモンと関わりがあると考えられています。

また、ストレスでホルモンバランスが崩れた時にも発生する場合があります。高齢になってから発症することはありません。閉経と同時に薄くなる、自然に消える場合もあります。まだ原因が特定されていないシミのひとつで、現在も研究が進んでいます。

肝斑には通常のシミ治療がきかない?

肝斑は通常の紫外線が原因であるシミとは違うため、通常のシミ治療を行うと逆効果になることがあります。シミ消しの代表であるレーザー治療などは、メラニン色素に光を反応させ色素を焼いてシミを消すものです。しかし肝斑はメラニン色素が原因で発生するシミではないため、光に反応せず、ひどい場合は肌表面に火傷だけが残る場合もあるのです。

『レーザートーニング』という肝斑にも効果の見込める新しいシミ治療も開発されていますが、保険適用外となることがほとんどで、高額な費用がかかります。脱毛サロン、家庭用の脱毛器なども、肝斑に反応してしまうことがあるため、注意が必要です。

大切なのはホルモンバランスを整えること

予防策として有効なのは、ホルモンバランスを整えることです。女性ホルモンは非常にデリケートで、不規則な生活や精神的ストレスで簡単に乱れてしまいます。また、過度のダイエットなども女性ホルモンを減らしてしまう危険な行為です。そのため、健康的な生活を第一に心がけましょう。バランスの良い食事や早寝早起き、上手にストレスを解消することで、女性ホルモンを守ることができます。また、女性ホルモンの働きを良くする食品として、大豆食品や卵、キャベツやナッツ類などがあげられます。過剰に摂取することはオススメできませんが、毎日の生活の中で継続して摂取することを心がけましょう。

また、肌への刺激が肝斑を引き起こす、悪化させる可能性も指摘されています。毎日のスキンケア時もなるべく肌に直接触れないことを心がけると、刺激を減らすことができます。洗顔はしっかり泡を立てて“泡で洗う”、スキンケア用品はコットンを使用し優しく押し込むようにつける、クレンジングはたっぷり使い肌と手の摩擦を最大限抑えるなど、少し意識するだけで肌への刺激をグッと減らすことができます。

肝斑治療の塗り薬として効果が期待できるのが『ハイドロキノン』です。メラニンの合成酵素阻害薬で、“肌の漂白剤”と呼ばれるほど美白効果が高いことで注目されています。ハイドロキノンが含まれる市販の美容液なども増えており、自宅で手軽にホームケアを行うことができます。また、ハイドロキノンと相性が良いと言われているのがビタミンCです。ビタミンCの含まれる美白サプリなどを同時に服用することで、より早く効果を実感することができます。

まとめ

肝斑は30〜40代の女性に発生するシミで、左右対称に頬骨下あたりにできることが特徴です。原因はホルモンバランスの乱れが原因と言われていて、日頃から上手くストレス解消をすることや、女性ホルモンの働きを良くする食材を摂取するなど、バランスを保つ工夫をすることが予防に繋がります。出来てしまった肝斑は一般的なシミ治療での効果が見込めないため、ハイドロキノンを塗布し、同時に美白用サプリメントを服用することが効果的な治療と言えます。